顎ニキビを解消する睡眠の取り方とは?

顎ニキビを治すための睡眠方法

 質の良い睡眠は顎ニキビ解消に欠かせません。寝不足が続くと肌の新陳代謝サイクルが乱れて古い角質がいつまでも肌に残って肌が硬くなったり毛穴の詰まりの原因となります。特に眠りについてから3〜4時間は成長ホルモンがたくさん分泌され肌の新陳代謝が活発に行われるので重要です。そのため単に長い時間寝るかよりも、入眠後にどれだけ熟睡できるかが眠りの質を左右します。

 

 また寝不足になるとストレスが溜まって交感神経が優位になるため男性ホルモンの分泌量が増え、結果的に皮脂過剰となって角栓の詰まりを起こし、これもまたニキビの原因となってしまいます。

 

このように睡眠とニキビは深い関係があります。今回は、どのようにすれば質の良い睡眠をとることができるかに注目し、お話ししていきます。

 

睡眠のゴールデンタイムは夜10時〜深夜2時の4時間?

 肌の新陳代謝(ターンオーバー)が最も活発に行われる時刻は夜10時から翌2時までといわれていましたが、それは研究対象者の一般的な就寝時間が10時頃だったためで、最近では眠りについてから3〜4時間がゴールデンタイムだという認識に変わってきています。

 

 ですので夜10時に眠れなかったからといってガッカリする事はありません。入眠直後にぐっすり熟睡できるような生活習慣を意識して行けば夜10時に眠れなくても肌の健康状態を改善していくことは可能です。

 

入眠から3〜4時間に熟睡する方法

 

寝る2〜3時間はテレビやスマホを控える

テレビ・スマホを見ない
 睡眠の2〜3時間前に目に光やブルーライトが当たると、脳が興奮し眠りに入りにくくなります。そのため寝る前はテレビやスマホ、パソコンを控えて読書に切り替えたり心が落ち着く音楽を聴くなど、脳が休まるように過ごすと深い眠りに入りやすくなります。

 

睡眠の2〜3時間前に食事を終わらせる

食事
 食べ物を食べたると消化器官は消化のために活動を始めます。睡眠直前に食べ物を食べると睡眠に入っても内臓は消化活動を行うため脳や神経が休めなくなってしまいます。

 

寝る1時間前にお風呂に入る

お風呂
 人間は一度体を温めたあと、やや体温が下がってきた時に眠りに就きやすくなります。
そのため寝る時間の1時間ほど前に入浴や半身浴などで体を温め、やや体温が下がってきた頃にベッドに入るというのがオススメの入眠方法です。

 

ホットミルクやハーブティーなどでリラックスする

ホットミルク
 ノンカフェインの飲み物で体を温めてリラックスしましょう。特に精神安定・入眠効果があるミルクやカモミール・ラベンダー・ミントなどのハーブティーがおすすめです。

 

寝る前に軽くストレッチを行う

ストレッチ
 ストレッチをして固まった筋肉を伸ばすことで、全身の血行を促進し、心身共にリラックスできます。

 

部屋の灯りを暗くする

消灯
 寝る前に蛍光灯などを煌々とした光を浴びていると脳が覚醒してしまいます。白熱灯や間接照明などやわらかい灯りに切り替え、脳が休みやすい環境を作って上げましょう。また睡眠中も灯りがつけっぱなしだと睡眠が浅くなります。睡眠中は真っ暗か豆電球程度の灯りにしましょう。

 

朝起きたら朝陽を浴びる

朝日
 これは寝る前ではなく起きた後になりますが、朝陽を浴びることで体内時計がリセットされ、日中は活動的になり、その日の夜は睡眠に入りやすくなります。ぜひ朝は朝陽の光をいっぱい浴びましょう。

今すぐ顎ニキビを治す!即効性のあるニキビ専用洗顔石鹸

Non A.(ノンエー) 濃密泡で潤いたっぷりのニキビ専用石けん!

Non A.(ノンエー)

 どうして顎ニキビはなかなか治らないの?ニキビの原因は過剰な皮脂の分泌や、お肌の乾燥、添加物や鉱物油など刺激性の高い洗顔料などが原因となっています。きめ細かく通常の4倍の濃密さを持つ泡で肌を優しくスッキリ洗い上げてくれるのに、贅沢な保湿成分を配合しているので洗顔後もモチモチ素肌。もちろん無添加・無香料・無着色で鉱物油&エタノールも不使用なので敏感肌でも安心です。さらに皮脂の分泌を抑える大豆エキスや消炎作用のある甘草も配合したNon A.でしつこい顎ニキビにサヨナラしませんか?

Non A.の詳細はこちら

 

Non A.(ノンエー)の詳細

 

Non A.(ノンエー)のまとめ
商品分類 おすすめの方 初回特典

ニキビ専用洗顔石けん

顎ニキビを即効で治したい方

泡立てネット+NonA.ローション+NonA.ジェル