思春期にできる顎ニキビの原因とは?対策は?

思春期にできる顎ニキビの原因とは?その対策は?

 ニキビといえば思春期というくらい、ニキビと思春期は密接な関係にあります。どうして思春期にはニキビができやすいのか。その理由と、どうすれば思春期の顎ニキビを改善できるのか、その方法についてご紹介します。

 

原因は成長ホルモン

 思春期
 思春期は第二次性徴期とも呼ばれ、子供の体から大人の体へ一気に成長する時期です。体内では成長ホルモンが盛んに分泌されて男子は男性らしい、女子は女性らしい体になるために細胞が爆発的に増加します。

 

 このなくてはならない成長ホルモンですが、実は皮脂腺を刺激するという働きも持っています。皮脂腺が刺激されると顔の毛穴から皮脂という油が分泌されます。ニキビは皮膚の上にいるアクネ菌という常在菌によって引き起こされますが、皮脂はこのアクネ菌の食料になります。

 

 つまり皮脂がたくさん分泌されるほどニキビの原因であるアクネ菌が元気に活動し、増加していってしまうのです。
 これが思春期に顎ニキビができやすい理由です。

 

思春期ニキビの対策

洗顔

 洗顔
 皮脂が多く分泌されることで起こる思春期ニキビの対策として、洗顔は非常に重要です。でも1日に3回以上洗顔する、ゴシゴシこするなど、間違った洗い方はニキビを悪化させます。

 

 正しい洗顔方法で、必要な油分は残したまま汚れだけを落としましょう。
 正しい洗顔方法

 

保湿

 保湿
 皮脂はお肌を乾燥から守るために分泌されます。つまり、肌を乾燥させず、潤った状態にしておけば皮脂の分泌を抑え、ニキビの原因を減らすことができます。

 

 保湿するには洗顔後に化粧水をつけます。化粧水は色々な種類がありますが、皮脂の量が多い思春期ニキビに有効なのは、オイルフリー(油を使っていない)のさっぱりタイプの化粧水です。また、アルコールを使用しているものは刺激が強いのでオススメできません。アルコール&オイルフリーの化粧水がオススメです。

思春期ニキビにオススメの化粧水
  • オイル不使用のサッパリタイプ
  • アルコール不使用で低刺激なもの

 

 

睡眠

 睡眠
 睡眠が不足すると、その日のストレスがうまく消化されないためどんどんストレスが溜まっていってしまいます。ストレスがたまると交感神経が優位になって男性ホルモンの分泌が増え、皮脂の量が増えてニキビの原因となります。

 

 質の良い睡眠をとって、ストレスを溜めないようにしましょう。基本的に1日7時間半が適切な睡眠時間とされていますが、個人差があります。自分の調子が良い時に、その日は何時間くらい睡眠をとったかチェックして、自分に合った睡眠時間を把握しましょう。
 質の良い睡眠のとり方

 

食事

 食事
 私たちの身体は食べたものによって作られています。なので食事は非常に大切です。
 皮脂の原料となる脂っこい食べ物はなるべく避け、肌の健康維持やストレス解消の効果がある食品を積極的に摂るようにしましょう。
 ただしあまりにも自分に厳しい食事制限はストレスの元です。食生活の改善は無理のない範囲で行いましょう。

 

 顎ニキビに効く食事 

今すぐ顎ニキビを治す!即効性のあるニキビ専用洗顔石鹸

Non A.(ノンエー) 濃密泡で潤いたっぷりのニキビ専用石けん!

Non A.(ノンエー)

 どうして顎ニキビはなかなか治らないの?ニキビの原因は過剰な皮脂の分泌や、お肌の乾燥、添加物や鉱物油など刺激性の高い洗顔料などが原因となっています。きめ細かく通常の4倍の濃密さを持つ泡で肌を優しくスッキリ洗い上げてくれるのに、贅沢な保湿成分を配合しているので洗顔後もモチモチ素肌。もちろん無添加・無香料・無着色で鉱物油&エタノールも不使用なので敏感肌でも安心です。さらに皮脂の分泌を抑える大豆エキスや消炎作用のある甘草も配合したNon A.でしつこい顎ニキビにサヨナラしませんか?

Non A.の詳細はこちら

 

Non A.(ノンエー)の詳細

 

Non A.(ノンエー)のまとめ
商品分類 おすすめの方 初回特典

ニキビ専用洗顔石けん

顎ニキビを即効で治したい方

泡立てネット+NonA.ローション+NonA.ジェル